TOKYO FM FM OSAKA
三井住友VISAカード
presents
Amitie du weekend
SAT/ 11:00~11:30

パーソナリティ
中山エミリ
英玲奈
オフィシャルサイト

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
中林和雄さん 2
皆さま、1週間のご無沙汰です。
この1週間、皆さまいかがお過ごしでしたか?037.gif

さて、今週も先週に引き続きスタジオには
東京国立近代美術館の中林和雄さんをお迎え致しました。

先週は作品を楽しむ為の裏ワザなどをお伺いしましたが
今週は美術展がどの様に出来るのかを伺ってみました。

私達が作品に出会えるまでには、平均で3年。
長い時には5年も準備に時間がかかるんだそうです。
005.gif
何にそんなに時間がかかるのかと言うと、
企画などには、勿論ですが、
美術展に出展する作品を海外などの美術館や
個人のコレクターから借りて来る為の交渉がとっても大変で
その作品の評価額から保険に入る作業や、
温度や湿度の管理、照明の管理、
どの様なディスプレーにするのか、
などなど学芸員の方のお仕事って、想像以上に多いんですね~。045.gif

と言う事で、今週ご紹介して下さったこだわりのアイテムは
照度計
b0131311_16431060.jpg

温湿度計
b0131311_16423723.jpg

この2つは絵画の管理には欠かせないモノで
例えば海外から作品を借りて来ると

「温度は○度からプラスマイナス○度以内」
「湿度も○度からプラスマイナス○度以内」

と厳しい指定があったりもして、
マネージャーさんの様に作品について来る方も居るそうなので、
そんな時にもこのアイテムで確認してもらう事もしばしばあるそうです。

これから先の未来に作品を残す為にも、
保存と管理が大切なんですね。
そして、そんな厳しい管理のおかげで
私達が出会える作品達があるんです。

10月16日から始まる
『東京国立近代美術館60周年記念特別展
   美術にぶるっ!』

この特別展では13点もの重要文化財に指定された作品など
貴重な作品がてんこ盛りです。
東京国立近代美術館の60年の歴史を堪能出来るのは勿論ですが
戦後の日本の歴史でもある様な気もします。
是非、足を運んでみて下さい。058.gif
[PR]
by emiri_nakayama | 2012-09-29 13:25 | 中山エミリ | Comments(0)
中林和雄さん
皆さま、1週間のご無沙汰でございます。
この1週間、皆さまいかがお過ごしでしたか?029.gif

さて、今週スタジオにお迎えしたのは
東京国立近代美術館の中林和雄さん。
企画課長として様々な美術展を手掛ける他
『近代美術の流れ 1970年以降の美術』などの本も出されています。

学芸員を務められている中林さんに、
これまで「難しいんじゃないかな~?」って
なかなか美術館に足を運ばなかった方でも、
美術館を楽しめる裏ワザを伺ってみました。

作家さんの人生から、気になる方を見つけてみるのはいかがですか?

中林さんのオススメは、たとえばゴーギャン
この方は30歳を過ぎてから作家になった方で、
フランスを飛び出してタヒチに移り住んでしまい、
家族構成もどんどん増えて・・・ とってもワイルドな方。

他にも、いったいどちらが上なのか分からない様な
アクションペインティングの抽象画でお馴染みの
ジャクソン・ポロックもだいぶパンチのきいた人生。

どんな方が産み出した作品なのかを知るだけでも
作品との距離が縮まるかも知れませんよ!041.gif

そして今回ご紹介して下さったアイテムにも
ポロックが登場します。
b0131311_16504389.jpg

『東京国立近代美術館
 開館60周年 記念手帳』

全4種類(左:岸田劉生、中左:ポロック、中右:上村松園、右:原弘)のこの手帳は60周年を記念して作られ
お客様に無料で配布された、貴重なモノ。
中には手帳としての機能は勿論ですが、
閉館の時間やその月に行われているイベントなどが
書かれているのでとっても便利。

そして、この手帳でチェックしてから是非足を運びたいのが
「BEER MOMAT」 068.gif
9月20日~22日、27日~29日の
木曜日~土曜日の17時~21時まで開催されています。
是非、足を運んでみて下さいね。
b0131311_16535449.jpg

[PR]
by emiri_nakayama | 2012-09-22 13:44 | 中山エミリ | Comments(0)
九代目中村福助さん 2
皆様、週間のご無沙汰でございます。
この1週間、皆様いかがお過ごしでしたか?037.gif

さて、今週も先週に引き続きスタジオには
歌舞伎俳優の九代目・中村福助さんをお迎え致しました。

先週は歌舞伎のお話は勿論、
女形の魅力に魅せられたきっかけなどなどお伺い致しましたが、
今週はお客様にどの様に舞台を楽しんでもらいたいか…
などを伺ってみました。

歌舞伎と言うと敷居が高いと言うイメージを
お持ちな方も多いんじゃないでしょうか?

福助さん曰く、「もっと気軽に楽しんで」との事。
お席も幅広く、リーズナブルなお席もあるそうですし、
少し難しい内容のお話の時には解説をしてくれる
イヤホンなども貸し出ししてくれるそうです。
ご出演なさっている福助さんにおっしゃって頂くと、
何だか心強いですよね045.gif

そして今週福助さんがご紹介して下さった
こだわりのアイテムはお香の『白檀』
b0131311_195437.jpg

ハードな舞台中でも、楽屋などで
香りをかぐとホッと癒されるんだそうです。

とっても気さくにお話下さり、
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

皆さんも足を運んで、日本の伝統文化に
触れてみてはいかがですか?
[PR]
by emiri_nakayama | 2012-09-15 15:37 | 中山エミリ | Comments(0)
九代目中村福助さん
皆さま、1週間のご無沙汰でございます。
この1週間、皆さまいかがお過ごしでしたか?029.gif

さて、今週スタジオにお迎えしたのは
歌舞伎俳優の九代目中村福助さん。
お父様は人間国宝の七代目中村芝翫さん、
弟は中村橋之助さんという歌舞伎界のサラブレッド。
様々な女性を演じられる女形として活躍されています。
b0131311_1814140.jpg

歌舞伎は世襲制度で福助さんは7歳で初舞台を踏まれたそうですが、
ご自身で歌舞伎をやろうと決められたのは16歳の時。

叔父さまの中村歌右衛門さんの女形を見て、
こんなに素晴らしいものがあったのか!と
ハンマーで叩かれたような衝撃を受け、
女形の道に進まれたんだそうです。
016.gif072.gif
素敵なお話ですよね。
そんな福助さんの女形を拝見できるのが、
只今、東京・新橋演武場で公演中の
秀山祭九月大歌舞伎。(千秋楽は25日です)
夜の部の2つ目の演目「京鹿子娘道成寺」
女形の様々な踊りを拝見でき、煌びやかな衣装にも注目!
そして、昨年亡くなられたお父様・芝翫さんの
てぬぐい、中啓を使っての舞台。
熱の入った福助さんの女形をぜひご覧ください。
b0131311_1831880.jpg

お父様・芝翫さんが最後に道成寺を踊られた時に使った
ちりめんのてぬぐい
福助さんの紋、祇園守り 裏梅 がデザインされています。
b0131311_1834133.jpg

同じくお父様・芝翫さんが最後に道成寺を踊られた時に使った中啓
お能なで使う大きめの扇子。とっても艶やか!
[PR]
by emiri_nakayama | 2012-09-08 14:37 | 中山エミリ | Comments(0)
岩井俊二さん  2
皆様、1週間のご無沙汰でございます。
この1週間、皆様いかがお過ごしでしたか?018.gif

さて、今週も先週に引き続きスタジオには
映画監督の岩井俊二さんをお迎え致しました。

先週にもお伝えしましたが、いよいよ今月15日に岩井監督の
8年ぶりの長編映画『ヴァンパイア』が公開されます。

この映画はカナダのバンクーバーでオールロケが行われて
蒼井優さん以外キャストは外国の方。
勿論、全編英語と言う今までにない作品なのですが
さらに驚いたのは監督・撮影・編集・プロデュース・脚本・音楽と
岩井監督が1人6役もこなされている事。
そてだけ岩井監督のこだわりがギュギュっと詰まっている作品なんです。

031.gifこの『ヴァンパイア』一体どんな作品なのかと申しますと、、、
病気の母親と暮らす高校教師の「サイモン」が実はヴァンパイアで
あるインターネットのサイトに集まった女の子達に血を求めて
近づいて行くと言うストーリー。

私も公開に先駆けて拝見させて頂きましたが、
正直まだ頭の中に『?』が残っています。
監督にお逢いするのに?を残したままで申し訳ないな~
と思っていたのですが、岩井監督にとって作品は、

 「見ました~解決しました~」
 と言うモノよりも?がいっぱいあっても、
 何度も観て行くうちに少しずつその?が晴れ、
 いつの間にか自分も体験したかの様な感覚になってくれる作品が良い

とおっしゃっていたので、
次回この作品を拝見す時に『?』はどんな風に変わっているんだろう?
次回はエンディングにどんな気持ちになるんだろう?と
2回目3回目と拝見するのが楽しみな作品でした。
皆さんも是非、劇場でこの岩井監督ワールドに浸ってみて下さいね。
b0131311_16114634.jpg

今週のこだわりのアイテムは
『a patch of blue』のサウンドトラック
10年くらい前にジャケ買いした愛聴盤。
これを聞きながらだとイメージが浮かぶそうで、
色々な作品を聞きながら書いたそうです。
ちなみに、映画自体は、3~4年前DVDで見たとか。
[PR]
by emiri_nakayama | 2012-09-01 13:42 | 中山エミリ | Comments(0)
トップ

以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧